読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心にパワーストーン!

天然石の組み合わせやおすすめのパワーストーンを綴ります。心にパワーストーンを煌めかせて生きていきたい天然石検定デュプロマ所持。

結婚10周年の石はダイヤモンド。では、結婚3周年の石とは?

結婚記念日に指定されている宝石というのを

習ったことがあります。

 

よく皆さんがご存知なのは、いわゆる「スイートテン」

 

結婚10年目のダイヤモンドが有名ですよね。

13年目がムーンストーンだったり、

40年目がルビーだったりと節目節目にいろいろな石が指定されているのです。

 

私が注目したのが、3年目の指定宝石です。

 

結婚3年目というのは、昔から乗り越えなければならない最初の関門のように言われていますね。3年目の浮気なんて歌もありますね。

 

甘い新婚生活が過ぎて、これからより一層夫婦の絆を深める時期に入る最初のターニングポイントです。

 

結婚三周年の石とは?

結婚三周年記念の石は、

 

水晶(クォーツ)なのです。私には、水晶が3年目の石に指定されていることにとても意味があるように思えてなりません。

水晶は、強い浄化の石ですから、パワーストーンでふたりの原点に戻りましょうというメッセージかもしれませんね。

初心忘れるべからずということでしょうか。

 

 ちなみに15年目の石も水晶ですので、そのころにも、一度原点に戻って再構築を考えなければならない時期なのかもしれません。

 

 開運祈願に夫婦お揃いの水晶のブレスレットという贈り物もよいと思います。

天然石の標本をながめていて、いつも思うこと

天然石の標本をながめていて
f:id:happypowerstone:20170322123530j:image

いつも思うのは、

 

天然石って、本当に美しいなあということです。

 

天然石も、宝石と呼びたいくらい、一石一石が味わい深く美しいです。

 

そういえば、宝石ってどういう定義なのでしょうか?

 

宝石

希少性が高く美しい外観を有する固形物。一般的に外観が美しくアクセサリーなどに使用される鉱物のこと。

 

ということは、天然石は宝石なのですね。

 

この天然石の標本箱は、

 

宝石箱やったんやぁ~~!!(彦麿呂さん風)

 

この天然石の標本(宝石箱)のなかでも、美しいのが、

 

インカローズ

 

 ギリシャ語で「バラ色の石」を意味している正に薔薇色のです。

 

愛に恵まれる薔薇色の人生を送れるとも言われる女性に人気のあるパワーストーンです。

 

 高価な石なので、こちらは、お買い得ですね。

 

美しくてずっとうっとりしていたくなる天然石。

 

いろんな石を身につけて楽しみたいですね。

ネイル用というおしゃれなパワーストーン

 

旅の安全を願って大切な人にプレゼントしたいパワーストーンは?

旅は、日常とは違う体験をさせてくれる素晴らしいものだと思います。

 

しかし、遠くに旅立つ人を見送り待っている側は、とても心配になりますよね。

 

私も、旅行が大好きです。

 

飛行機や新幹線やバスや車、乗り物に乗るのも楽しいですよね。

 

飛行機で初めてアメリカへ行くことになったとき、

 

パワーストーンをつけていきたいと思い調べたことがあります。

旅行の安全を守ってくれるパワーストーンは何なのだろうか?

 

旅のお守りとして、天然石をもっていきたいと思ったのです。

 

旅行のお守りに最適なパワーストーンは何でしょうか?

ターコイズ

 ターコイズは、古来より、旅人の守護石として、身につけられてきました。

 

シルクロードの旅人にも愛用されていたそうです。

 

持ち主の身代わりとなり、割れたり欠けたりしてくれるお守りの石とされています。

 

ターコイズは12月の誕生石ですよね。

 

そして、友情の石でもあります。

 

ぜひ、家族やお友達が旅に出る際には、プレゼントにターコイズを渡してあげてください。

 

美しいターコイズブルーが、素敵な石です。

遺影を壊してしまったことがあります。人が物を壊してしまったときかける言葉は?

人がものを壊してしまったのを見かけると必ず思い出す光景があります。

 

ある夏の日

大好きな祖母の火葬を終え、親戚を乗せた貸切バスが自宅へ向かっていた。

私は、遺影を抱え、先頭に座っていた。他界した祖母は、ドライブが好きだった。

祖母と私は、休みの日私の車で、景色を一緒に見に行ったりしていた。

ここ数年、祖母が寝たきりとなり、出来なくなっていたドライブ。

「ばあちゃん、久しぶりだね」と涙が溢れた。

その瞬間、バスがガタンと揺れ、遺影が、座席にぶつかってしまった。

遺影を見るとガラスに大きなヒビが入っている。私は「あ!!写真、割れちゃった…ごめんなさい」と大きな声をあげた。

すると「えー!!何…やってるの!」という実母の動揺した怒りの声がシーンとしたバスの中に響き渡った。

これから葬儀なのだから怒るのも無理もない…走行中なので、みんな着席している。

静寂のち、80を超える親戚のおじいちゃんが、

「形あるものは壊れるんだよ。何とかなる。けがはなかったかい」と

ぼそぼそと後方から言ってくれた。

その車中から、自分で携帯で葬儀屋に電話をし、すぐ代りの額縁が来て、事なきを得た。

そのとき、私は、人が物を壊したのを見かけたら、

「形あるものは壊れるのよ。大丈夫?けがは無い?」とこれからは生涯言おうと心に決めた。

 

時は経ち

時は経ち、二人の子宝に恵まれましたが、子どもたちが何かを壊したら、まず、

「大丈夫?けがは無い?」と声をかけます。

割れたのがお気に入りの食器だったりすると、

とてもとても腹が立つこともあるけれど(苦笑)

「形あるものは壊れるのよ、ありがとうでお別れしよう」と言えるようになりました。
(次から気をつけようという教育とともに)

そういえば、祖母も私がお茶碗を壊してしまったとき

私の身の心配しかしなかった人でした。

最後の最後に忘れないように祖母が教えてくれたのかもしれないと思っています。

でも、本当に大事なものだと、ショックですけれどもね・・・(苦笑)

 

お葬式にはジェットを身につけてと祖母に三点セットを生前渡されていました。

皇室の方も、ジェットを身につけるそうです。

 ジェットのことは、またブログに綴りたいと思います。

最強のパワーストーンって何だろうか?

最強のパワーストーンって何なんでしょうか?

天然石の勉強をしてから、考えてきました。

 パワーストーンを学ぶ多くの人が最強のパワーストーンと位置付けているのが、

 

モリオン

だと思います。

 

モリオンは、ほとんど光を通さない神秘的な漆黒の水晶です。

最強の魔よけ厄よけの石と言われています。

 

最強の(厄よけの)パワーストーンは、モリオンかもしれません。陰の気をはね除けるパワーストーンです。

でも、(  )の部分が皆さん違うこともあると思うんです。

最強の(恋愛運アップの)とか、最強の(健康運の)とか。

最強のパワーストーンと聞かれたら、各分野の最強をお話したいと思うんです。折に触れてブログにも書かせていただきたいと思います。

 

モリオンは、ひとつ持っていたい石ですね

 

とっさに言われた皮肉や失礼な言葉にうまいこと切り返したいが、出来ないことが多いがどうしたらいいのだろうか?

突然とんでもないことを言ってくる人はいるものです。

失礼なことを言われたり、皮肉を言われると心臓がドキドキ音をたてて緊張モードになってしまいます。

言われたとき、何故すぐに、うまく切り返せなかったのかと後から、悔やんだりします。
あの時反論できていれば、自分の気持ちはスッとしたのではないだろうかなどと考えます。

何という言葉を返せば、悔やまないのか何度も考えました。


考えたこと1
すぐに「今、なんて申されましたか?」と聞き返す。

考えたこと2
すぐに「私、あなたの今の言葉、悲しかったです」と感情をつたえる。

考えたこと3
沈黙は金。言葉を発することなく、驚いたような表情で相手を見つめる。それでいて取り繕わない。

言い返せなかった自分にも腹がたつのですが、その場を取り繕ってしまう気の弱さにも後から情けなさを我ながら感じてしまう気がするのです。

咄嗟に降りかかってくる悪意のある言葉から身を守るのは大変難しい気がします。
心臓がドキドキしている状態なのですから、すぐに言葉が出てこないのです。
そういう時は、何も言葉を発することなく、言葉を飲み込むでもなく、沈黙の落ち着きをお見せしようではありませんか。
急にオーラを赤からブルーに変えて理性的になれるようなこころの訓練をしていたいものです。

石の大きさとパワーストーンの力は比例するのか?

私も、不安になることがあります。

人に思わぬ理不尽な対応をされることもあります。

また同じ人に心を傷つけられるのではないかという恐怖から、会合に出るのが億劫になることもあります。

 

そんなときは、大きいパワーストーンを身につけて行きたくなってしまうんですよねえ。。。

修行僧のようなブレスレットをして出掛けてしまうとちょっと(だいぶ)恥ずかしいこともあります(苦笑)

 

石の大きさと石のパワーの大きさは、関係ないそうです。

石の種類や石の産地などの方が、パワーに関係してくるんですね。

 

でも、大きい石がそばにあるときの心の安心は相当なもので、この強力なパワーストーンと一緒なら安泰だ!と思ってしまうのです。。。

 

なので、

持ち主の気持ちが、大きい石を求めるなら、

大きい石のパワーが必要なんじゃないかと思うのです。

 

実は今日も、大玉のブレスレットをして出掛けてしまいました。

おしゃれではないのは、重々承知しているのですが、頑張れないかもしれないと思ったので。。

 

着けていった結果

とても心が落ち着きました!

そして、自然とまわりの人が助けてくれました。

やっぱりこの修行僧のような大玉ブレスレットは手放せません(笑)

 

私の石の種類とは異なりますが、

こちらもおすすめです。