読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心にパワーストーン!

天然石の組み合わせやおすすめのパワーストーンを綴ります。心にパワーストーンを煌めかせて生きていきたい天然石検定デュプロマ所持。

薔薇色の人生

薔薇色の人生って

どんな人生なのでしょうか?

 

薔薇色の人生

お金に恵まれた人生?

愛に満ち溢れた人生?

不自由のない華やかな人生をイメージしますよね。

薔薇色の人生には、恋愛のエッセンスが必要な気がします

 

 薔薇色の人生という言葉で、

すぐ浮かぶパワーストーンがあります。

インカローズと呼ばれている天然石です。

 インカローズは、愛情満ち溢れた石ですので、やはり薔薇色の人生には愛が不可欠なのですね。

 

北海道産のインカローズ、価値ある一品ですね。

 

けれど、愛されるより愛した人生こそ、

薔薇色の人生なのかもしれません。

 

キレたら負けなのか

社会生活では、冷静沈着が好まれることが多い気がします。

 

いろいろな仕事世界がありますし、独自世界もあるでしょうから、 一概には言えませんが。

 

キレたら負けなのか

キレたら、社会的評価を下げてしまう例もあることは事実だと思います。

 

それを負けと表現するのもどうかと思いますが、評価が下がるイコール負けなのでしょうか。

 

キレるとは、感情的になること、例えば叫んだり、怒鳴ったり、暴言を浴びせたりすることかなと思います。

 

理不尽なこと、たくさんありますね。

でも、キレたら、そこで、終了なのかもしれません。

なぜなら、理性的に仕事を出来ない人には、任せられないからだと思います。

感情的な人は、起伏があるので、一定の成果を期待できないと見なされることもあります。

 

といっても、人間ですから、頭にくることもありますよね。私もあります。

物損トラブルに巻き込まれたことがあるのですが、

こちらが、被害者なのに理不尽に逆ギレされたりすれば、応戦したくもなります。

でも、キレたら終わりだと言い聞かせています。

 

キレないためには、どうすればいいのか。

まずは、カルシウムをしっかり摂取しましょう。

 

そして、睡眠も不足しないようにしましょう。

 

そして、冷静になるのを助けてくれるパワーストーンを。

 

ブルー系の天然石を冷静への石として、ご紹介するか迷ったのですが、今日は、違う石をご紹介したいと思います。

 

4月の誕生石です。

石言葉は、

「完璧・冷静沈着・神秘的」

 

それは、水晶です。

水晶のバングルなどは、いかがでしょうか?

 

 水晶の石言葉「冷静沈着

 

ぜひとも、水晶の偉大なパワーを身に付けてみてください。

 

 

寝言での叫び……暴言……くそ!心の疲れなのか寝言なのか。良質な睡眠のためのパワーストーンとは?

寝言が、大声ですと周りの人を起こしてしまいますね。

 

私の母は、毎晩、大声で叫び、「何をしているんだ!」「こら!」などと私を叱るような声が隣の部屋から聞こえてきたものでした。

 

そのたびに、びっくりして、いわれのない叱責に嫌な気持ちになったこともあります。

 

寝言は寝言

寝言は、寝言なのです。頭ではわかっているのですが、夜、大声で起こされた側は、怒りや自己嫌悪などに陥ることもあります。

 

普段は優しい夫が、急に叫びだし、

「あー!あー!あー!……くそっ!」などと日常では使わないような暴言を吐けば、震えにも似た恐怖を覚えると思います。

 

背景に病気などがなければ、まず、睡眠の質を上げることを考えましょう。

布団は眠りやすい布団でしょうか。

食事の栄養素も、再確認してみましょう。マグネシウムは足りていますか?大豆製品や魚を適度に摂ると良いようです。

 

さて、睡眠に関わるパワーストーンのお話です。

 

やはり、偉大なるヒーリングストーンであるドミニカ共和国のラリマーという天然石が、良いと思います。

 

癒しの石であり、他人のことが気にならなくなる効果もあると伝えられています。

 

睡眠不足は大敵です。

良質な睡眠を目指したいものです。

 

結婚10周年の石はダイヤモンド。では、結婚3周年の石とは?

結婚記念日に指定されている宝石というのを

習ったことがあります。

 

よく皆さんがご存知なのは、いわゆる「スイートテン」

 

結婚10年目のダイヤモンドが有名ですよね。

13年目がムーンストーンだったり、

40年目がルビーだったりと節目節目にいろいろな石が指定されているのです。

 

私が注目したのが、3年目の指定宝石です。

 

結婚3年目というのは、昔から乗り越えなければならない最初の関門のように言われていますね。3年目の浮気なんて歌もありますね。

 

甘い新婚生活が過ぎて、これからより一層夫婦の絆を深める時期に入る最初のターニングポイントです。

 

結婚三周年の石とは?

結婚三周年記念の石は、

 

水晶(クォーツ)なのです。私には、水晶が3年目の石に指定されていることにとても意味があるように思えてなりません。

水晶は、強い浄化の石ですから、パワーストーンでふたりの原点に戻りましょうというメッセージかもしれませんね。

初心忘れるべからずということでしょうか。

 

 ちなみに15年目の石も水晶ですので、そのころにも、一度原点に戻って再構築を考えなければならない時期なのかもしれません。

 

 開運祈願に夫婦お揃いの水晶のブレスレットという贈り物もよいと思います。

天然石の標本をながめていて、いつも思うこと

天然石の標本をながめていて
f:id:happypowerstone:20170322123530j:image

いつも思うのは、

 

天然石って、本当に美しいなあということです。

 

天然石も、宝石と呼びたいくらい、一石一石が味わい深く美しいです。

 

そういえば、宝石ってどういう定義なのでしょうか?

 

宝石

希少性が高く美しい外観を有する固形物。一般的に外観が美しくアクセサリーなどに使用される鉱物のこと。

 

ということは、天然石は宝石なのですね。

 

この天然石の標本箱は、

 

宝石箱やったんやぁ~~!!(彦麿呂さん風)

 

この天然石の標本(宝石箱)のなかでも、美しいのが、

 

インカローズ

 

 ギリシャ語で「バラ色の石」を意味している正に薔薇色のです。

 

愛に恵まれる薔薇色の人生を送れるとも言われる女性に人気のあるパワーストーンです。

 

 高価な石なので、こちらは、お買い得ですね。

 

美しくてずっとうっとりしていたくなる天然石。

 

いろんな石を身につけて楽しみたいですね。

ネイル用というおしゃれなパワーストーン

 

旅の安全を願って大切な人にプレゼントしたいパワーストーンは?

旅は、日常とは違う体験をさせてくれる素晴らしいものだと思います。

 

しかし、遠くに旅立つ人を見送り待っている側は、とても心配になりますよね。

 

私も、旅行が大好きです。

 

飛行機や新幹線やバスや車、乗り物に乗るのも楽しいですよね。

 

飛行機で初めてアメリカへ行くことになったとき、

 

パワーストーンをつけていきたいと思い調べたことがあります。

旅行の安全を守ってくれるパワーストーンは何なのだろうか?

 

旅のお守りとして、天然石をもっていきたいと思ったのです。

 

旅行のお守りに最適なパワーストーンは何でしょうか?

ターコイズ

 ターコイズは、古来より、旅人の守護石として、身につけられてきました。

 

シルクロードの旅人にも愛用されていたそうです。

 

持ち主の身代わりとなり、割れたり欠けたりしてくれるお守りの石とされています。

 

ターコイズは12月の誕生石ですよね。

 

そして、友情の石でもあります。

 

ぜひ、家族やお友達が旅に出る際には、プレゼントにターコイズを渡してあげてください。

 

美しいターコイズブルーが、素敵な石です。

遺影を壊してしまったことがあります。人が物を壊してしまったときかける言葉は?

人がものを壊してしまったのを見かけると必ず思い出す光景があります。

 

ある夏の日

大好きな祖母の火葬を終え、親戚を乗せた貸切バスが自宅へ向かっていた。

私は、遺影を抱え、先頭に座っていた。他界した祖母は、ドライブが好きだった。

祖母と私は、休みの日私の車で、景色を一緒に見に行ったりしていた。

ここ数年、祖母が寝たきりとなり、出来なくなっていたドライブ。

「ばあちゃん、久しぶりだね」と涙が溢れた。

その瞬間、バスがガタンと揺れ、遺影が、座席にぶつかってしまった。

遺影を見るとガラスに大きなヒビが入っている。私は「あ!!写真、割れちゃった…ごめんなさい」と大きな声をあげた。

すると「えー!!何…やってるの!」という実母の動揺した怒りの声がシーンとしたバスの中に響き渡った。

これから葬儀なのだから怒るのも無理もない…走行中なので、みんな着席している。

静寂のち、80を超える親戚のおじいちゃんが、

「形あるものは壊れるんだよ。何とかなる。けがはなかったかい」と

ぼそぼそと後方から言ってくれた。

その車中から、自分で携帯で葬儀屋に電話をし、すぐ代りの額縁が来て、事なきを得た。

そのとき、私は、人が物を壊したのを見かけたら、

「形あるものは壊れるのよ。大丈夫?けがは無い?」とこれからは生涯言おうと心に決めた。

 

時は経ち

時は経ち、二人の子宝に恵まれましたが、子どもたちが何かを壊したら、まず、

「大丈夫?けがは無い?」と声をかけます。

割れたのがお気に入りの食器だったりすると、

とてもとても腹が立つこともあるけれど(苦笑)

「形あるものは壊れるのよ、ありがとうでお別れしよう」と言えるようになりました。
(次から気をつけようという教育とともに)

そういえば、祖母も私がお茶碗を壊してしまったとき

私の身の心配しかしなかった人でした。

最後の最後に忘れないように祖母が教えてくれたのかもしれないと思っています。

でも、本当に大事なものだと、ショックですけれどもね・・・(苦笑)

 

お葬式にはジェットを身につけてと祖母に三点セットを生前渡されていました。

皇室の方も、ジェットを身につけるそうです。

 ジェットのことは、またブログに綴りたいと思います。